DASL SPECIAL TALK 2018/10/31 Vol.3 『DASL × Shirofune 課題解決開始、Shirofuneの実運用』

DASL SPECIAL TALK 2018/10/31 Vol.3 『DASL × Shirofune 課題解決開始、Shirofuneの実運用』

2018年6月1日、弊社は、最高峰のパフォーマンス・マーケティング・サービスを開発・提供するため、国内No.1の導入実績(※)をもつクラウド広告運用ツールを提供しているShirofune社と戦略的パートナーシップを構築いたしました。

前回は「戦略的パートナーシップ提携に至るまで」というタイトルでお話を伺いました。
今回はいよいよ「課題解決開始、Shirofuneの実運用」というタイトルのもと、実際にShirofuneを導入後の稼働の模様についてお話を伺います。

Shirofuneを導入してみて何か具体的に変わったことはありますか?

DASL 佐藤俊之

DASL 佐藤俊之:

まず、社内の流れが大きく変わりましたね。
Shirofune社とはパートナーシップを構築直後から、隔週で定例会を実施しているのですが、我々側からの機能改修の要望等、スピーディに対応いただけるので、比例して社内でも、課題の要件定義整理の速度がグンと速くなったように感じてます。

Shirofune 菊池さん 竹下さん

Shirofune 菊池さん 竹下さん:

それは良かったです!前回の続きですが、私たちも覚悟を決めてますので、迅速に対応させていただいてるつもりです!笑

実際にShirofuneを導入するにあたり、今までのやり方を変えることについて
保守的な人もいると思うのですが、導入推進は順調に進んだのですか?

DASL 佐藤俊之

DASL 佐藤俊之:

そうですね、多少予定スケジュールより押した部分はありましたが、順調に進んでいると思います。私自身、過去、新しいツールを導入する際、その課題に直面せざるを得ないことは経験し認識していたので、当初から導入を推進する際は、まずは実際に使用し始めたメンバーにShirofune社に会ってもらい、直接顔を合わせて会話してもらう、ということを大切にしました。
それは、ただツールを利用するというだけで、その機能がどういう背景から作られていて、どんな人がどんな想いで作っているんだ、ということと無縁なのではなく、実際に直接顔を会わせて「こういう場合はどうしたらいいのか、こういった機能は何故追加できないのか」等、一緒に課題解決していくことで、クライアントのパフォーマンス向上について一緒に動いているんだ、という認識を持つことができ、より一層気付き等につなげられる環境になれば、と思ったからです。

機能的にはどうですか?
今までDASLでは独自ツールを使用していたわけですが。。

DASL 佐藤俊之、原

DASL 佐藤俊之:

自社ツールも他社ツールも幅広く使用してきましたが、やはりレポートを作成する際はそれなりにリソースをさかなければならない場面が多かったです。ツールを連携する際にも、特殊な知識が必要な場合もあるので、まずはどんな仕組みになっていて、どう連携をさせるのか、ということをインプットする作業から入るという場面もありました。しかしShirofuneは、あらゆるレポートがボタン1つで出てくるので、今までの工数を考えるととても画期的でした。
実際にメンバーの業務工数を数値的に見ても、Shirofuneを使用した方が全体的に削減できている、という現状です。

運用面においては、KPIにあわせた自動入札機能はもちろんですが、運用者やコンサルタントとして最も時間をかけたい部分である「改善施策の立案、提案」もShirofuneが様々な視点でサポートしてくれる点はとても魅力的だと感じました。入稿シーンにおいても長年にわたって苦労してきた異なる媒体への煩雑な入稿作業も一気通貫で簡素化できますし、運用とレポート面でも効率化が実現できるので私たちが本来やるべき「広告主の抱える本質的な課題解決やそのための施策立案」に多くのリソースを投下できるんです。人の持つ頭脳(アイディア)とテクノロジーの融合でこの領域における未来への明るい可能性が見えた気がしています。

DASL 原:

今まではアカウント構成や広告文構築、KW選定など地道にやっていた業務が、Shirofuneの、リンク先URLを入れるとアカウント構成や広告文候補やKWの候補がバッと出てくる機能についてはかなり衝撃的でしたね。
今までのオペレーション業務では、この作業が出来て一人前、みたいなところがありましたけど・・・運用経験が長ければ長い人程驚いたと思いますよ。

DASL 佐藤俊之:

社内でShirofuneを導入する際、ツールやテクノロジーに詳しい人に最初に触ってもらったんですけど、彼らもものすごく衝撃を受けていましたね。原さんが仰るように、ベテラン勢ほど共通して「すげーっ」と思ったはずです!

Shirofune 菊池さん 竹下さん

Shirofune 菊池さん 竹下さん:

あぁ、ありがとうございます、使っていただいた他社さんにも同じような反応をいただけております!

今後Shirofuneを使用して、
どのように変えていこう、という計画などはありますか?

DASL 加藤

DASL 加藤:

いくつかあります。
まずは、そもそもこの取り組みの前提となった弊社の課題解決です。業務が標準化されておらず、伝書鳩のように業務を行っていたり、逆に過度に属人的になりすぎることにより、作業の隅々を端から端までつつきすぎて、全体の効果が見られない状況に陥っていたり・・・その部分をShirofuneの協力を得ながら標準化する型を作る、ということをまず実践しなければなりません。
「標準化モデルを徹底的に」です。運用レポート業務に付随する前後の業務プロセス含めて、とにかく標準化のモデルを作るということです。

次に、「DA独自の色」をどう出していくかっていうのが大事ですよね。Shirofuneのツールをベースにしながら、その周辺の肉付け、業務フローの中にもあるでしょうし、横展開出来るような機能等、その辺を追加して付加価値として提供していけるようなものに進化させていくということです。
そして、標準化モデルを昇華させるための標準化モデルBとかCとか、そういうものを作り上げていかなければならない、と思っています。

DASL 原

DASL 原:

今までの社内は、属人化している部分かかなり見受けられ、良いも悪いも判断は個人だった。しかし標準化という共通でツールを使用するということで、良いも悪いも情報を共有しなければならないので、そういう意味でも社内の流れが変わり始めていると感じています。
そして、「昇華」ですね。
Shirofune導入による業務の標準化が出来れば、必然的に今までの作業時間を圧縮することが出来るはずで、運用業務以外に当てる時間を作ることが可能なため、その時間を使ってクライアント様の更なるパフォーマンスの向上と、メンバーのキャリアアップにつながるキャリアパスを引いてあげるっていうことをしたいと思っています。

Shirofune 菊池さん 竹下さん

Shirofune 菊池さん 竹下さん:

デジタルマーケティングの言葉の定義、対象が広がっていく中で、今まで広告の運用管理一本だったものがこのShirofuneをきっかけにしてどんどん業務領域が広がり、それに伴って個人のスキルもアップしていく、それが結果クライアントさんのためになる・・・とても良い相乗効果ですよね。

次回につづく。

(※)国内リスティング広告自動入札ツール導入件数における「ADFUNE」導入実績(参照:デジタルインファクト/Shirofune調査)

菊池 満長(きくち みつなが)

菊池 満長(きくち みつなが)

Shirofune
大手ネット広告代理店に新卒で入社し、一貫してネット広告運用に従事。
2014年に株式会社Shirofuneが設立され、独自のアルゴリズムを基にアカウントの構築から自動入札・レポート作成・運用改善までを一貫して行えるクラウド広告運用ツールを提供。
竹下 智視(たけした ともみ)

竹下 智視(たけした ともみ)

Shirofune
大学時代の卒論でリスティング広告を研究。大手インターネット広告代理店に新卒で入社し、約10年間リスティング広告の運用・サービス・オペレーション設計、および組織づくり等を行う。
株式会社Shirofuneでは、主にアカウントの構築・改善施策部分の独自アルゴリズムの研究・開発を担当。
加藤 征紀(かとう ゆきのり)

加藤 征紀(かとう ゆきのり)

DAサーチ&リンク 経営企画室 室長
ITマーケティング企業にて複数の新規事業立ち上げ及び既存事業収益改善に携わる。その後、スタートアップ企業の立ち上げを経験後に、株式会社DAサーチ&リンクへ入社。
2009年より、株式会社電通へ出向し、運用型デジタル広告セクションの初期垂直立ち上げ、電通本社、支社、グループ各社との運用型デジタル広告対応組織の開発やサービス開発などに従事。その後、株式会社電通デジタルへ出向。
パフォーマンスマーケティングに関わる、運用基盤組織の責任者として体制基盤の確立・外部アライアンス強化に従事。
2018年6月より現職。社内基盤の構築や事業推進等、社内横断で各種プロジェクト推進を担当。
原 正治(はら しょうじ)

原 正治(はら しょうじ)

DAサーチ&リンク 営業部 部長
大学卒業後、大手人材会社の営業職として入社し、1つの業界での人材紹介、派遣サービス、コールセンター構築等のアウトソーシング事業に従事。
2007年に株式会社DAサーチ&リンクに入社し、外資系PCメーカー、消費財、旅行、金融、飲料等の業界を担当。リスティングを中心としたパフォーマンスメディアのプランニング業務に一貫して従事。営業MGR、部長、本部長を経験後、現在は出向先で運用広告事業本部長 現在に至る。
佐藤 俊之(さとう としゆき)

佐藤 俊之(さとう としゆき)

DAサーチ&リンク 営業部 部長
大学卒業後、総合広告代理店へ入社し営業職に従事。
2008年に株式会社DAサーチ&リンクへ入社。入社後間もなく大手ネット広告代理店に常駐。
その後、運用担当者として自動入札ツール"Decide DNA"の導入推進に携わる。
2010年以降、株式会社電通、株式会社電通デジタルに出向し、パフォーマンスメディア領域を中心としたコンサルタント兼マネージャーとして、大手電子機器メーカー、消費財、自動車、飲料、化粧品EC、旅行業界等を担当。特定媒体に特化せず、幅広いデジタルマーケティングの知見を活かしたコンサルティングスタイルは業界著名人からの評価も高い。現在は、DAサーチ&リンクの営業部門の部長と電通グループのデジタルマーケティング基盤拡大のため、地方グループ会社のデジタルマーケティング部門の拠点長を兼務している。
PC版を表示する
スマートフォン版を表示する